大阪市淀川区 ドラレコのコストを削減するには? TCI

画像

ドラレコのコストを削減するには?

 ドライブレコーダーにかかるコストが高くなる3つの原因

(1)目的に沿ったドライブレコーダーを選べておらず、無駄に高額なものを導入している。
(2)ドライブレコーダーの交換時期に毎回、取り付け費用がかかっている。
(3)助成対象商品を購入していない。
これら3つの原因を改善することで、ドライブレコーダーにかかるコストは削減できます。

 ドラレコ使用の目的1:事故処理を迅速にする

事故の際にドラレコがないと、加害者または被害者の記憶や目撃者の証言でしか事故状況を掴めません。この場合、処理にかなりの時間がかかり、運送業の場合、業務に支障が出てしまいます。ドラレコを取り付けることで、この事故処理をスムーズに行い、事故にかかる時間的なコストを削減できます。また、被害者が虚偽の証言をしたりすることで、加害者と意見が食い違いになり、想定以上の不利益を被ることになる場合があります。その点、ドラレコは嘘を真実だけを映し出すので、被害者の理不尽による加害者の想定以上の不利益が発生するリスクを回避できます。

 ドラレコの使用目的2:安全意識の向上

事故の状況以外でもドラレコは活躍します。ドライバーの運転を記録して見返したり、新人教育の目的で映像を共有したりすることで、自身を客観的に見れることに加え、運転時に意識することをドライバー目線から説明できます。

 ドラレコの種類1:衝撃感知型

衝撃感知型ドラレコは、走行中に衝撃や異変を感知した際に、自動的に録画を開始します。衝撃センサーで振動を感知する場合と、モーションセンサーで周囲の動きを感知する場合の2つの種類があります。
衝撃感知型ドラレコは、事故の瞬間や危険運転時のみ録画を開始するため、安全運転の事例を共有する際などには適していません。万が一の事故の場合に備えてつける方向けのドラレコと言えるでしょう。そのため、安全管理対策を積極的に実施している運送会社などでは、衝撃感知型ドラレコだけでは不十分に感じるかもしれません。
比較的安価なものが多く、安全管理コストが高すぎて利益向上の足を引っ張っていると思う方は一度検討してみても良いかもしれません。

 ドラレコの種類2:多機能型

多機能型ドラレコは、カーナビ・ワンセグ・GPSの機能などが1つになったドラレコです。
1台で多くの機能を搭載しているので、カーナビやGPSなどでかかるコストを抑え、この1台に集約させることができます。視野角も広くなっており、車体の横側まで録画できるものもあります。
これにより、車両の割り込みや急な車線変更なども録画することができるようになります。
GPSの機能では、一度走行したルートを録画できるため、道順の確認まで行えます。
Wi-Fiの機能がついているものまであり、現代の生活には欠かせないスマホなどに映像を保管しておくこともできます。
比較的高い値段にはなってきますが、この1台で十分に安全管理対策に効果がありますし、カーナビやGPSなどにかけているコストがこの1台に替えることで安くできる可能性があるので、検討してみる価値はあります。

 ドラレコの種類3:常時録画型

常時録画型ドラレコは、基本的に止まることなく録画し続けるドラレコです。
また、駐車時にのみ録画を開始するタイプもあります。トラックの安全管理の目的で、取り付ける場合は、駐車時のみの録画は必要ありませんね。運転中以外の被害を減らすために、よく買い物に車で出かける方などが車上荒らし対策や当て逃げ対策で導入する場合が多いです。

 ドラレコの取付工賃

ドラレコの取り付けは、自分で簡単に取り付けられるものもあれば、取り付け業者に依頼して工賃を払って取り付けてもらうものもあります。トラックの安全管理目的で導入されるドラレコは、基本的には業者に取り付けてもらうことがほとんどです。
<取り付けの依頼先と取付工賃の相場>
カーショップ:3,000~10,000円
ディーラー:9,000~15,000円
専門業者:無料~20,000円
一見すると、カーショップで取り付けてもらうのが一番安く済みそうですが、取り付け車両がトラックの場合や、取付が難しいドラレコの場合、断られてしまうケースが多いです。全国でもトラックの車載器取付に対応できる業者は限られています。
ちなみに、トラサポくんではトラックへの車載器取り付けはもちろん、あらゆる車両に工賃をかけずに取り付けられます。

 ドラレコの取り替えサイクルからコストを考える

ドラレコ本体の寿命は1年~3年と言われています。メーカーの保証期間が1年~3年のドラレコが多いのもその理由です。
ここから導き出せるのは、1年~3年の周期で取り付け費用が発生するということです。
また、1年~3年が経つと、すでに取り付けていたドラレコは古い型になっている可能性があります。
トラサポくんでは最新のドラレコを備え、かつ工賃無料で取付ができるというメリットがあります。

 ドラレコの助成金制度

国土交通省は、運行管理を支援する運動として、ドラレコの助成金制度を設けています。
つまり、安全管理意識を向上させる目的からドライブレコーダーの購入にかかる費用に対してお金がもらえるというわけです。
支援対象の機器としては、
・映像記録型ドライブレコーダー
・デジタル式運行記録計
があります。
援助の対象となる機器に関しては、国土交通大臣が認定している物のみとなります。また、補償の対象は、対象の機器を購入し、車両に取り付けた上で支払いが完了していることが条件となります。(助成金の申請を行う際には、領収書が必要なのでお忘れなく)
つまり、トラサポくんでは助成対象商品の購入にとどまらず、取付から支払い完了までを一貫して行うことができます。

 助成額について

(1)対象装置ごとに機器取得価格の1/2、上限2万円。
(2)後方視野確認支援装置及び側方視野確認支援装置を同時に導入した場合は、各々の装置が助成対象となり機器取得価格総額の1/2、上限4万円。
となっています。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  【全国出張可能】トラックの電装パーツ取付のご相談・お見積りはこちらから

お電話でのお問合せは

06-6885-7250

で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!